企業が推進すべきエコドライブとは

輸送をサービスとしている企業以外にも、多くの企業が「営業車」を所有しています。

営業車の環境性能が良くなるにつれてエコカーという言葉を耳にしますが、逆にエコドライブといった言葉を以前より耳にしなくなった気がしています。

しかし、営業車を運転する際は無意識にエコドライブを励行されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

改めて営業車の恩恵に与かっている企業の運転者に対して、環境と安全に配慮した「エコドライブ」の重要性を求める為に、今回はエコドライブについてご紹介したいと思います。

アクセルはふんわりと

車を発進するとき、アクセルをゆっくり、ふんわりと踏むようにすると、10%程度の燃費が改善すると言われています。

具体的には、最初の5秒で時速20km程度が目安。

焦らず、穏やかな発進は、心にゆとりが生まれ視野も広く安全運転にもつながります。

加速・減速の少ない運転を

無駄な加速・減速は、燃費を悪くします。

加速・減速の少ない運転をするためにも、車間距離にゆとりを持ち、先の交通状況や道路状況を把握した「予知運転」をしましょう。

減速時はアクセルを早めに離す事がポイントです。

タイヤの空気圧にも注意

タイヤの空気圧は適正値よりも低下すると燃費が悪化するため、自動車メーカーより指定された適正値に調整しましょう。

そして、運転する際にはタイヤの空気圧を点検する習慣をつけましょう。

道路交通情報を活用し、余裕を持った出発

出かける前に、渋滞・交通規制などの道路交通情報や地図・カーナビなどを活用し、行き先やルートをあらかじめ確認した上で時間に余裕をもって出発しましょう。

燃費の改善だけではなく、焦りや怒りといった安全運転に影響の出る状態にもなりにくいこともポイントです!

エコドライブは、基本操作、危険予知、運行計画、感情コントロール全てに好影響を与え、必然的に安全運転につながるだけではなく、その燃料も会社の経費になると考えると、実践しない手はありません。

そのためにも、車の燃費について常日頃から把握して、エコドライブの効果を実感し意識を高めてみてはいかがでしょうか。

今日からでもできる取り組みですね。

過去のコラム一覧はこちら!