追突事故の防止策とは

自動車事故の中でも追突事故は非常に多く発生しています。

ちょっとした不注意が原因で起こる追突事故。

実際にはどのようにして発生するのでしょうか。

追突事故の原因や防止方法についてご紹介いたします。

追突事故の原因とは

前の車に追突してしまう原因として挙げられるのは、前をよく見ずに運転し、気がついてからブレーキを踏んだけれど間に合わずに追突してしまうケースです。

前をよく見ていない理由としては「わき見運転」、「携帯電話やカーナビの操作」などがあります。

ほかには、前をしっかり見ていたけれど、スピードを出し過ぎていた、車間距離の詰め過ぎていたことなどが理由で、ブレーキを踏んでも間に合わずに追突してしまう事故もあります。

ここで、よく耳にする追突事故のキーワードを3つご紹介します。

前方不注意

脇見運転と呼ばれるもので、運転中何かに気を取られ前方から視線を外してしまう行為のことを言います。

動静不注視

思い込み運転と呼ばれ、前方車を認識しているにも関わらず、動静を注意して見ていない状態を言います。

漫然運転

ぼんやりしながら運転している状態のことです。運転に慣れてくると運転に集中できず危険な状態になることがあります。

いずれも自動車事故の多くを占める事故原因なので覚えておきましょう。

追突事故を防止するためには

・常に前の車の不意な減速・停止を予測しながら運転する

・低速で走行中であっても、油断せず集中する

・余裕を持った車間距離を確保する

追突事故の原因の多くは、「わき見運転」、「うっかり運転」、「自分は大丈夫という過信」です。

事故を防止するために、運転中に携帯やカーナビを操作するときは一旦安全な場所に止めて行い、考え事をしながら運転したり、自分の運転技術を過信したりがないように、自身の状態を客観視しながら安全運転を心がけることが重要です。

過去のコラム一覧はこちら!