【必見】バックでの車庫入れや駐車のコツ。

バックでの車庫入れや駐車のコツを解説!

新入社員の中には免許を取りたての初心者や運転に不慣れな方が多く、バックでの車庫入れや駐車に自信がないという方も多いはずです。

この車両感覚がうまくつかめず、難しいバックですが、コツさえつかめば上達するかもしれません。

今回は、バックのコツについてまとめてみました。

バックでの車庫入れや駐車は、誰もが一度は教習所で教わっているのではないでしょうか。

昔は怖い教官というイメージも、最近では優しい先生というイメージの教習指導員から教えてもらい、サイドミラーに写る黄色いポールなどを、必死に凝視していた思い出が誰にでもあるはずです。

それなのに、職場や取引先で駐車するとなると、テンパってしまう人も少なくないですよね。

何度も何度も窓から顔を出して、前に後ろに何度も切り返しや、やり直しを行う姿を見ると若い頃の自分を見ているようです。

今回は、そんな新入社員や運転に不慣れな方、また、そんなドライバーを部下にかかえる安全運転管理者のあなたに、バックでの車庫入れや駐車のコツを解説させていただきたいと思います。

コツその①

入車する際の角度は45度!

基本パターンを習得し、あとは応用です。

ミラーを見ても見えにくい場合は、ミラーの角度を変えるのも一つの手です。

しかし、サイドミラーばかり見過ぎても周囲が目えなくなり、大切な情報を見落とします。

コツその②

ハンドルは下がりたい方向にまわす!

新入社員や初心者といった運転に不慣れな方は、バックの際にハンドルをどちらにまわせばいいのか分からなくなる方が多いです。

シンプルに前進も後退も行きたい方向にまわすと覚えましょう。

コツその③

速度はAT車のクリープ現象でも速い!

バックの際は常にブレーキで速度を抑えながらゆっくりゆっくり動かします。

後退中はクルマをコントロールしながら周囲への安全確認も十分に行いますので、途中で停止するぐらいの慎重さが必要です。

コツその④

内側の後輪の通る位置が大切!

左バックの場合は左後輪を、右バックの場合は右後輪を内側に沿わせるのがポイントです。

教習所でもバック駐車の際に「あそこを目印にして」という風に教わった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その目印となる内側の角に内側後輪を沿わせるだけで、成功率が上がります。

また、ミラーや目視で内側ばかりに注意がいってしまうと、逆側への注意ができなくなってしまうので、周囲を確認しながら運転することも忘れないようにしましょう。

コツその⑤

やり直しや切り返しを恐れない!

大丈夫かなぁ、ギリギリかなぁ、リスクを負う必要はありません。

勇気を出してクルマを前に進めてみましょう。

上手な人ほどやり直しや切り返しの判断が早く、結果として早く正確に駐車や車庫入れを行う事が出来るのです。

コツその⑥

色々なパターンをイメトレする!

動画を見てイメージトレーニングすることも、上達への一歩です。

運転するイメージが深まると、実際に運転する時の恐怖心や不安感が和らぐかもしれません。

あとは、なんといっても実践にまさる経験はないので、運転経験をひたすら積むことをおすすめします。

お気軽にご相談ください。

マジオネットグループは、年間457社の研修実績国143校の教習所ネットワークを誇る、業界屈指のパイオニア企業で、業界でもいち早く企業様向けの安全運転教育に取り組んできた、実績と信頼のある会社です。

安心して、どんな事でもお気軽にご相談下さいませ。

マジオネットグループが選ばれる理由を詳しく見る!